盛岡市聖火リレー 公道走行断念

聖火をつなぐ意義は不変です!

岩手県内における東京五輪聖火リレーは6月16日から18日の3日間28市町村でおこなわれますが、3日目の盛岡市内リレーは公道走行を断念し、八幡宮の境内での『トーチキス』に方式変更となりました。コロナ渦の最中、仕方のない判断となりましたが、聖火をつなぐ意義は変わらず、東京五輪の成功を祈るばかりです。