【賃貸オフィス選びポイント】エリア選定

進出エリアの特性を活かすことが重要です!

オフィス開設にあたり、開設するエリアの特性を考える必要があります。どの業種が多く立地しているか、交通の利便性も考慮しなければなりません。例えば、自社の取引先の近隣で開設すれば、打ち合わせ・業務発注・納品等エリア内で完結し、業務効率化が図れます。また、特定業種が集積しているエリアでは、一種のネットワークが存在している場合が多く、これを利用することで新たな顧客の獲得や業容の拡大に繋げることが可能となります。